すべての人がマーケッターに
「あなた」という商品を高く売る方法 キャリア戦略をマーケティングから考える (NHK出版新書) [ 永井孝尚 ]
「あなた」という商品を高く売る方法 キャリア戦略をマーケティングから考える (NHK出版新書) [ 永井孝尚 ]

毎日満員電車、品川駅港南口の通路、日々のサラリーマンの姿を見てこれでいいのかって

家族のため、生活のため、「ライスワーク」なんてありますけど、ツライですよねぇ~
渋谷の交差点に集まる若者の数が物凄く、渡るだけでも人に酔いそうになりますけど、自由に生きている彼ら彼女らをみて
うらやましい気持ちになった方も少なからずいらっしゃるのではないかと感じたりもします

自分の好きなことやったらいいじゃんその通りで好きなことをして生きてゆけばいいんですよ
なのに、なぜ毎日がこんなにツライものになってしまうのか
「社畜」なんて言葉がありますが、戦争でもしているわけではないし、もっと自由に生きる権利を誰しも持っているんだけど
どうしても今の生活に縛られて生きていかねばならない、悲しいかな現実は厳しいものです
自分の人生、一度っきりだし、どうせだったら有意義なものにしたい誰だってそう考えるならば
「あなた」という商品をどうしたらもっと高くすることができるのか大変興味があり手に取って読んでみました



私も20代のころは、都会のオフィス街に颯爽と出勤する姿に憧れたものです私のキャリアは大手小売業の鮮魚課配属で
開始されたのですが、住宅街にあるお店の鮮魚売り場がそのステージだったわけで、憧れとはかけ離れたものでした
今となっては、どこで働くとかそんなのどうでもいいし、むしろ満員電車に乗らなくていい鮮魚課時代のほうが
人間らしい生活を過ごせていたところがあったかもしれませんね
どこで働くとかは会社に依存していることですし、いつまで経っても会社から与えられた仕事しかできない
これから先、AIやロボットなどの登場でますます定量化された仕事は人間の手から離れていきますから
いやー、いろいろ考えていかないといけませんねー




今までは会社が自分のキャリアをつくってくれていたんですよね。全国転勤、時には海外もありみたいな感じで
子どもの学校も変わりまくり、もしくは単身赴任でせっかく家族を持ったのに一緒に暮らすことができないと
それと引き換えに会社がいろんな経験値を積ませてくれたんだと思います
世界を股にかけてご活躍された方も少なくないのではないでしょうか
ただ、これからはワールドワイドで勝負する必要があり、AIの他にも外国から来た方とも一緒に仕事をする機会も
増えてくるわけで、英語も話せないといけないとか、文化の違いを受け入れる必要が出てくるなどなど
想像し得なかったことがどんどんと目の前に起きてくるようになるもんですから、会社から与えられた仕事ばかりを
こなしているだけでは、到底使えない人間として見做されてしまう、悲しいかなそんな現実が起きるかもしれません




待ちの姿勢から、攻めの自分へ



「すべての人がマーケッターに」という言葉がとても印象的でした平和ボケをしているからなのでしょうか
自分からガツガツ行くのがちょっとカッコ悪いような、クールに決めて待っている姿勢の人も多くなった雰囲気があります
彼氏彼女がいない人が20代でも半数を超えてきているなんてデータもあり、結婚がステータスな時代は終わったと思いますが
いやいやいや、自分からアピールしないでどーすんのって思ったりもして、恋愛と仕事は通じるものがありますからねー
こんな時代だからこそ、積極的に自らをアピールして、自分はこんな人間でこんなことができますって主張する
もう、ボーッとしているといつしか時代に取り残されてしまいかねないですからね
「X」の軸と「Y」の軸を正しく分析する、『紳竜の研究』に通じるものがありますね
紳竜の研究 [ 島田紳助 ]
紳竜の研究 [ 島田紳助 ]
この本に書かれていることも、結局はこの「X」と「Y」を把握して、それから自分は何をしようって悩む
自分にについて、今という時代について正しく分析する力を持ち合わせながらこれしようって実行に移す




数多くの成功例を書籍を通じて、セミナーなど拝聴して自分の中に取り入れてきましたただそれだけではダメで
今の自分に落とし込むには、きちんとして「X」の軸と「Y」の軸を認識できていることが重要だと
改めて気づかされた思いです
趣味とは違いますからね、仕事として自分の持っているスキルは今の時代にどの分野で生かすことができるか
自分ブランドを自己主張のままに築いても意味がないわけで、ちゃんと正しく時代の一歩先を行くものを
マーケティングスキルは、これからもっともっと重要視されてくるかもしれませんね




書評・レビューランキング

【編集後記】
そんなわけで、先日開催された永井孝尚さんの出版記念セミナーに参加してきました
IMG_0832


ワークショップを行いましたが、参加者のみなさんで強みを考えました
IMG_0829

永井さんのバリュー・プロボジション

私も考えましたが、まだレッドオーシャンなもので
もっともっと深く考えて、自分なりの強みを生かして成果を出したいと感じました




永井さん、NHK出版のみなさま、本当にいい機会をつくっていただきありがとうございます
マーケティングって、面白いですね

250,000冊以上の取り揃え!【DMM.com 電子書籍】